Experience Prototypistのマルチリンガル子育て+プログラミングブログ

Design Thinking、語学(英語、中国語、韓国語)、日中マルチリンガル育児、littleBitsやRaspberry Pi, Arduinoを使ったExperience Prototypingネタ。

Xiaomi Mi Notebook Air 13.3インチの個人輸入、ちゃんと税関のチェックを受けています

2016年10月のMacBookリリースは余りにも期待外れでした。メモリ32GB搭載ができるモデルを買おうと意気込んでいたものの、実際には最大メモリ容量は16GBということで、これでは手元の非Retina MacBook Proと変わりない。とは言うものの、もう少し解像度の高い、ストレージ容量も気にしないで済む拡張性のあるPCを、ということでXiaomiのMi Notebook Air 13.3インチに手を伸ばしてみることにしました。

購入したのはBanggoodで、959.99ドルのところを192ドルのディスカウントということで、保険料19.20ドルを足して、合計787.19ドル。悪くはない買い物だな、とドル感覚では思っていたのですが、なんせ時代はトランプ勝利で円安ムードのため、日本円ベースでは正直、うれしくない値段に落ち着いてしまったものの後の祭り。

www.banggood.com

さらに言うと、Banggood様の顧客思いの配慮により、送り状の価格設定が21.67ドルだったのをさすがに日本の税関に見とがめられてしまいました。

税関からは「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」なる速達便が届くので、封筒にPayPalの支払いログを同封して送り返しました。Banggoodの注文書を同封しなかったのは、そちらだとMi Notebook Air 13.3の元の値段が959.99ドルであり、そちらをベースに消費税なり関税を計算されたはたまらん(実際に払った787.19ドルを基準にしてほしい)という意味合いです。

翌々日、品物は無事到着しました。

税関検査のために開封されたものを、日本郵便が再装した旨のテープが貼られていたものの、肝心のMi Notebook Airのほうはシュリンクラップもやぶられないままでした。ちなみに受け取りには4500円ほど、お支払いしました。

次回はSSDの取り付けあたりをネタにちょっと書いてみるようにします。

なぜ悩み事は親に相談すればよいのか?

唾液送ってゲノム診断ってのを最近やってみたら、祖先はインドシナ半島由来(日本人のうち7%)とか、まぁ見た目で人に言われてきたことを改めて指摘されたよーな感じ。健康リスクとか体質は量が膨大なので見切れていないが、(今の時点で)そーだと思えるものと違うなーと感じるものとそれぞれ。

まぁ、こういうのを見たり、子供を育てたりして思うのは、子は悩み事・心配事があれば、まずは親に相談するのが一番ということ。自分の通ってきた道は親も通ってきた道だということが(性格やそれに伴う世の中での身の振り方も含め)少なからずあるな、と。結果として違う人生を歩んでいるにせよ、途中は結構同じようなところを通り抜けていそうだ(もちろん血がすべてを決めるわけではなく人間には自由意志もあるわけだが)。

私も人の親なので、子が相談したいときに、優先順位なのか、信頼度なのかはともかくとして、一番に相談したいと選んでもらえるようにしないとね。

Kindle Unlimited, 購入履歴をtodoアイテムに登録したいんだけど...

電子書籍の読み放題サービス、Kindle Unlimitedが始まったというので、早速利用してみた。

幸運にも、読みたいと思う本も少なからずあったので、ちゃんと読む時間が確保できるのであれば、毎月980円払ってもいいかな、といったサービスである。

問題なのはこの「ちゃんと読む時間が確保」というところで、時間確保のために、タスク管理系のサービス(iPhone標準のリマインダーとか。私の場合はTodoistというサービスを使っています)を使っていることもあり、「読み放題で読む」ボタンをクリックした際に(購入時と同様)メールが飛んでくるのであれば、そこをトリガーにやることリスト(とうまくいけば読了時間の見積もり)を自動的に登録させよう、などと考えておりました。

が、「読み放題で読む」ボタンを押してもメールが来たりはしないのでした(費用が発生しているわけではないから)。もちろん、同時並行で読める本は10冊までで、その10冊がどの本なのかとか、読んだ本は削除して別の本をダウンロードできるようにする、というのはAmazon.co.jp上の「コンテンツと端末の管理」画面からできるのですが、長い書名は後ろの方が省略されて見えないし(雑誌なんかだと肝心の何月号かがわからない)、そもそも手作業で書名コピー、タスクリスト作成ってのは全くイケていない。

確か、Kindle Oasisを出した際に、読書体験(Experience)にとことんこだわって、デザイン思考を使って作り上げた(だから一見してこれまでと違って「読みにくそう」な印象があったとしても、実際はより優れた体験を提供できるのである)、みたいな言い方がされていたかと思うが、是非、before reading, purchase, reading and purchase anotherのすべてのフェーズでよりキモチ良いExperienceをアマゾンさんには提供して欲しいと思う次第。

そもそも購入マネージメントとか利用管理とかって(Kindleに限らず)Amazonが握りやすいところだから、Amazon自体が「利用体験」のマネジメントを提供するとか、メッセージ系のサービス(LINEとか)が会話の中からやることリストを作ってくれるってのは嬉しい+お金払って良いサービスになりそうなんですけどね(LINEだったら、Amazonの発送情報なんかも受け取れるし、他のサービスとの接続性も高いから)。